朝日新聞縮刷版1879〜1999 〜歴史を訪ねる〜

 書誌詳細をクリックして、記事につけられた「主要キーワード」「大分類」「中分類」を確認することができます。

右画面で、操作について知りたい機能をクリックすると、それぞれの説明にリンクします。

聞蔵IIテキストをご利用の場合、「朝日新聞縮刷版」は収録対象外です。

キーワード

キーワード

検索画面で指定した条件を引き継いだうえで、「キーワード」を修正して「再検索」できます。
検索したいキーワードが2つ以上浮かんでいる場合、語句と語句の間にスペースを入れると、それらのキーワードのすべてを含んだ記事が検索できます。
また、キーワードを入力したあとに「AND」「OR」「NOT」のボタンをクリックすると、「&」「+」「#」が表示され、これらの記号の前後に入力されたキーワードに対して、それぞれ「両方を含む」「どちらかを含む」「後ろの言葉が入っている場合は除外する」といった絞り込みができます。

※「朝日新聞縮刷版」では、見出しと各記事につけられている人名や地名、テーマ名、事件名などのキーワードを対象に検索されます。記事本文を対象とした検索方式ではありません。
検索対象

入力したキーワードの対象を「見出しとキーワード」か、「見出し」や「見出しとキーワードと分類」から選ぶことができます。
はじめ(初期設定)は「見出しとキーワード」となっています。

検索画面へ戻る

「検索画面へ戻る」ボタンをクリックすると、検索画面に戻ります。

リスト内の用語

ページ

記事が掲載されたページです。

掲載位置

紙面イメージのうち、記事が掲載されている位置が上から何段目かを表示しています。

書誌情報

見出し、主要キーワード、大分類、中分類など、記事の詳細を別ウィンドウで表示します。書誌詳細にある紙面イメージをクリックすると紙面イメージを表示します。

紙面イメージ

紙面イメージを表す「(注)画像挿入」のアイコンをクリックすると、別ウインドウが立ち上がり紙面イメージを見ることができます。

見出し

見出しの後ろについている【大阪】は、大阪本社発行の記事または広告です。それ以外は東京本社発行の記事または広告になります。

<明治期について>
明治12年の創刊からしばらくの間、紙面には現在のような見出しはほとんど存在しません。このため、記事本文の冒頭10文字を見出し欄に入力し、続けて「……」の後に( )で囲んで「仮見出し」を付けています。
(例)○去九日予て各新聞に……(ハワイ皇帝が新富座で観劇) 【大阪】
また、見出しが短くて意味がわかりにくい場合についても、仮見出しを補っています。
(例)同地 (フランス艦隊が呉淞へ)
歴史的重要な出来事や事件の見出しには、冒頭に◆◆記号が付いています。
(例)◆◆東海道新幹線スタート マーチに送られ初列車 輸送力は38%ふえる_新幹線
前の50件

リスト表示を表示件数分戻ることができます。

次の50件

リスト表示を表示件数分進めることができます。

最初の50件

はじめに表示したリストに戻ります。

お問い合わせ

朝日新聞社 コンテンツ事業部 データベース営業チーム
お問い合わせフォーム
TEL:03-5541-8689(月曜〜金曜、祝日除く10:00〜18:00)