使い方トップページへ戻る

  • 使い方 動画
  • 活用事例のご紹介
  • 明治・大正データベース
  • あのとき
  • 朝日新聞歴史写真アーカイブ

お問い合わせ

朝日新聞社 法人営業部 データベース営業チーム
お問い合わせフォーム
TEL:03-5541-8689
(月曜〜金曜、祝日除く10:00〜18:00)

朝日新聞縮刷版1879〜1999 〜歴史を訪ねる〜

内容について|明治・大正期の紙面データベースについて

明治・大正期の紙面データベースについて

(1)収録紙面と紙面構成

 大阪と東京の本紙および付録・号外などを収録しています。朝日新聞社が保存している発行当時の紙面(マイクロフィルム)をスキャンして紙面イメージ(PDF)化しました。原則として最終版を用いましたが、時期によっては早版を使っている場合があります。

● 大阪紙面

1879年(明治12年)1月25日(創刊号)~1926年(大正15年)12月

● 東京紙面

1888年(明治21年)7月10日(創刊号)~1926年(大正15年)12月


 なお、一部の紙面の収録については、東京大学大学院法学政治学研究科附属近代日本法政史料センター明治新聞雑誌文庫(東京大学明治新聞雑誌文庫)、東京大学情報学環、日本図書センターのご協力を得ました。

 時代により、紙面のページ数や大きさなどが変遷しています。詳しくは「紙面の建てページ・段数などの変遷」表(PDF)をご覧ください。

(2)書誌データ

 東京紙面の記事および広告は、日付、見出し、キーワード、分類などの書誌データが付与されており、検索が可能です。
 大阪紙面については、1879年1月25日の創刊号から東京朝日創刊までの記事・広告と、全期間から選定した重要記事約2000件、一部号外、関東大震災の影響で東京本社から紙面が発行されていない1923年(大正12年)9月2日~25日の記事・広告の書誌検索ができます。
 それ以外の大阪紙面は、書誌データとして日付・面名と朝夕刊などの刊種だけを付与してありますので、日付を指定することで紙面イメージを検索してください。

(3)大・中分類

 検索対象フィールドの大・中分類は個々の記事の大きなカテゴリーを指定して、絞り込みを容易にする機能です。
 明治・大正期の大分類は12分野あり、うち1分野が広告です。表参照(PDF)

(4)「歴史キーワード」について

 「明治天皇」「臼井六郎仇討事件」「日本海海戦」など、歴史的出来事や人名、当時大きく取り上げられた事件などは、原文に言葉がなくとも「歴史キーワード」化して関連する記事に付与してあり、一覧表に掲げた言葉をクリックすることで、事象ごとにまとめて検索できます。
 歴史キーワードは、収録期間中の「年表」に記載し、さらに、50音順、分野別、人名別に抽出してあります。

(5)「歴史キーワード統合カテゴリー」について

 東京朝日創刊以降の歴史キーワードについては、五百旗頭薫・東京大学准教授が中心となって発案した階層カテゴリーを使って、「政局」「保健・衛生」のようなテーマ別に括りました。「歴史キーワード参照」欄に掲げたリストをクリックすることで、歴史キーワードより大きなジャンル別のまとまりとして、記事を検索することができます。

(6)監修および編集協力

 東京大学明治新聞雑誌文庫は朝日新聞社との間で共同委員会を構成、データベース構築に助言するとともに、歴史キーワードおよび歴史キーワード統合カテゴリーの監修にあたりました。
 また、大阪紙面を検索対象として取り込むため、東京紙面にない大阪独自の重要記事約2000件について、大阪市立大学・土屋研究室に選定をお願いしたほか、明治期の歴史キーワード作成にも多くの研究者にご協力いただきました。

(以下、敬称略。肩書は2010年3月現在)

● 共同委員会・明治新聞雑誌文庫メンバー

佐々木毅(学習院大学教授) 渡辺浩(東京大学教授) 北岡伸一(東京大学教授) 新田一郎(東京大学教授) 苅部直(東京大学教授) 五百旗頭薫(東京大学准教授)

▽歴史キーワード監修

五百旗頭薫 井川充雄(立教大学教授) 石居人也(町田市自由民権資料館) 井上祐子(京都外国語大学講師) 小宮一夫(東京大学講師) 中澤俊輔(東京大学大学院) 平田康治(東京大学大学院)

● 大阪市立大学文学研究科 土屋礼子研究室

土屋礼子(大阪市立大学教授)

▽大阪朝日データベース作業班

川内淳史 木村裕一朗 黒崎文仁 小林宗之 白岩優姫 殿浦章暢 中嶋晋平

● 歴史キーワード作成

佐藤純子(常磐大学講師) 大矢悠三子(お茶の水女子大学大学院) 大江洋代(お茶の水女子大学大学院)


(7)不適切な表現について

 当時の紙面には、現在の紙面では使われない差別的・不適切な表現もあります。しかし、こうした紙面があったことは歴史的事実ですので、紙面イメージとしてはそのまま収録してあります。また、紙面と連動する見出しやキーワードでも、必要と判断した記事については、検索の妨げとなることのないよう、当時の表現をそのまま入力しました。
 これらの記事は、「第三者のプライバシー、名誉権その他の権利を侵すような利用はできません」と定めた利用規定を順守するなど、ご利用の際には特段の配慮をお願いします。

朝日新聞創刊130周年記念事務局
明治・大正期紙面データベースグループ
2010年3月31日記

お問い合わせ

朝日新聞社 法人営業部 データベース営業チーム
お問い合わせフォーム
TEL:03-5541-8689(月曜〜金曜、祝日除く10:00〜18:00)