アサヒグラフ 1923〜1956

概要

アサヒグラフは、1923年(大正12年)に朝日新聞社から創刊されたグラフ雑誌で、聞蔵Ⅱビジュアルでは1956年(昭和31年)までの約2000冊の誌面イメージをカラーでデジタル収録しています。大正の終わりから昭和戦前・戦中期にかけて、激動の時代の世相や風俗を知ることができる画像史料としてご利用できます。
発行日のほか目次・概要のキーワード検索が可能です。

沿革

・1923年(大正12年)1月25日号 日刊「アサヒグラフ」創刊(1月26日付)
・1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で休刊
・1923年(大正12年)11月14日号 週刊の画報雑誌として出版
・2000年10月13日号で休刊。「アサヒグラフ」は通常号としては10月4日発売の10月13日号で、臨時増刊も10月4日発売のシドニーオリンピック増刊号(通巻4105号)を最後に休刊。

聞蔵IIテキストをご利用の場合、「アサヒグラフ」は収録対象外です。

※アサヒグラフはオプションコンテンツです。

収録誌面について

東京発行(一部は大阪)の通常号のほか、通常号以外(特別号、臨時増刊号、夏季増刊号など)や海外版(ASAHIGRAPH OVERSEAS EDITION) などの一部を収録しています。朝日新聞社が保存している発行当時の誌面原本をスキャンして誌面イメージ(PDF)化しました。

お問い合わせ

朝日新聞社 コンテンツ事業部 データベース営業チーム
お問い合わせフォーム
TEL:03-5541-8689(月曜〜金曜、祝日除く10:00〜18:00)